リッツとルヴァンを比較してみた。ルヴァンうまし。

IMG_5317-mini

リッツがなくなる!と2016年に話題になり、その後ヤマザキナビスコのリッツは市場から姿を消し、ナビスコのリッツとルヴァンが登場しました。

個人的には外資系のお菓子が好みでなく、やはり日本のお菓子がいいなと思っています。

今日はそんなリッツとルヴァンを比べてみましたのでご覧下さい!

パッケージを比較

IMG_5320-mini

パッケージはこちら。ルヴァンは袋、リッツは箱です。

リッツの箱はアメリカの菓子感が強い、安っぽい紙と感じました。

いざ、開封。

IMG_5333-mini

リッツを開けた所。パンパンに膨れた袋が2つ。

IMG_5336-mini

ルヴァンと比べてもパンパン。

IMG_5331-mini

リッツの原材料はこんな感じ。原産国はインドネシア。

IMG_5329-mini

ルヴァンの原材料はこちら。原材料が途中までほぼ一緒。原産国は日本の茨城県。地元の茨城ということでちょっと親近感。

では開封。

IMG_5341-mini

ナビスコのリッツ。なんか前と比べて軽く感じる。

IMG_5342-mini

横からリッツ。なんかふっくらしてる。

IMG_5337-mini

次、ルヴァン。うんうん。形の変わったリッツという感じ。

IMG_5338-mini

ルヴァンはボディラインが綺麗。

見た目を比較

IMG_5346-mini

並べてみるとこんな感じ。色味が違う。ルヴァンの方が焼き目が濃い。

IMG_5348-mini

写真の色が悪くて申し訳ない!こちらが中のクリームの様子。

リッツのクリームが元気なさそうに見える。

さぁ、実食!

IMG_5343-mini

リッツ実食!

・・・やっぱり軽い。味が違う!今までのリッツとは明らかに異なる。

IMG_5339-mini

ルヴァン実食。

うーーーん・・・リッツ!ディスイズリッツ!

だと思いました。ちょっと味変わってるのかな。食感がリッツな気がする。

ヤマザキナビスコのリッツを食べて確認したい。

まとめ

リッツはリッツ、ルヴァンはルヴァン。

個人的には圧倒的にルヴァンが好み。リッツは買わないかな〜。

さぁ、みなさんもルヴァンとリッツ比較してみてください!

お買い求めはこちらから↓

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です